早期退職さてどう生きてく?

仕事しか知らなかったアラ還お一人様、家事やUR生活と少しずつ成長中。「アラ還の散歩と遠足」の様子はYoutubeやTwitterでも発信してます。

ウィーンが泣いている。4年前の旅を思い出す。

    f:id:takeuma02:20201103150431j:plain

 過去旅の楽しかった思い出。4年前の12月末、オーストリア旅行をした私です。

ウィーンに入り、列車で途中下車を楽しみながらザルツブルグまで。

オーストリアは旅行しやすい国の一つだと思います。それなのに....

 ヨーロッパの国々では

第二波、第三波と言われています。

その中で、ウィーンのニュースが飛び込んできました。

www3.nhk.or.jp

治安も比較的良く

日本人観光客も多かったウィーン。

有名な観光地を回ると日本人の旅行者とすれ違うこともしばしば。

道を尋ねられたりして。

(旅先で日本人観光客になぜか時々道を聞かれます)

 

2016年よりさらに遡り

初めてのヨーロッパ旅行で訪ねたのが

オーストリアでした。

あの時はプラハに入り、列車でウィーン西駅へ。

生まれて初めて海外での鉄道旅です。

楽しくて楽しくて

もう一度絶対行きたいなと思い

2016年に再訪したのでした。

この時、ANAが国際線のビジネスクラスをかなりディスカウントしていて

これまた初めて自腹でのビジネスクラスの旅。

f:id:takeuma02:20201103154512j:plain

当時、ウィーンへの直行便が無くミュンヘンで乗り換えです。

かなり遅い時間にウィーンの空港へ到着し、そこから直行のウィーン西駅のバスに乗り込み西駅側のホテルに泊まりました。

バスは私しか乗っておらず

ビジネスクラス利用でしたが、乗り換えをこなしているので

疲れと眠気でバスの中では爆睡。

ホテルはバスが泊まった場所から

道路を挟んで向こう側。

部屋に入るや否や、バタン。

 

思い出しました。

数日前に

ヨーロッパのどこかでクリスマスマーケットで

車が突っ込んだかなんだかの事件があったのでした。

f:id:takeuma02:20201103160047j:plain

二度目のウィーンということで
路面電車にも乗らず

徒歩で歩き回ったのでした。

一番印象に残っているのは

世界一美しいと言われている国立図書館。

 

f:id:takeuma02:20201103160432j:plain

映画の世界のようです。

 

本当に本当に美しい街、オーストリアのウィーン。

再び訪ねることは難しいかもしれま無いけれど

思い出を読んでくれて

 

ありがとうです。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ