早期退職さてどう生きてくかな?

もうすぐ60歳、会社辞めました。 さてどう生きてくかな? おひとり様老女のシニアブロガーです。社会との接点を繋ぎ続けたいので、ウンチクを(そっと)傾けたり、ボヤいたり戯言たりします。夢は元気なうちに世界一周。

茶髪若者にはわかるまい、お一人様老女白髪染めについて考える

    f:id:takeuma02:20200209175746p:plain

実は30代前半かなり茶髪であったことはひた隠し、現在は染めないと完全に真っ白となってしまいました。60代の白髪染めについて考えてみたいと思います。

 目次

 白髪の原因

白髪の原因とよく言われているのは、一般的にこの3つでしょうか。

  • 遺伝
  • ストレス
  • 加齢

私の場合、会社を辞めたので会社員が受ける恐ろしいほどのストレスは無くなりましたが、それはごくごく最近のことです。遺伝、加齢も私の場合は当てはまってしまいます。加齢はご存知の通りで「もちろん!」、遺伝については母が割と早い段階で真っ白になっていました。つまりなるべくしてなった白髪だと思うので、これは素直に事実を受け入れるしかないと諦め、40代半ばから美容院で白髪染めを続けています。

白髪染めは髪に悪影響を与えないのか?

私も若い時には聖子ちゃんカットにソバージュ!(若い方はピンとこないかも知れませんが、バブル時代の強めのパーマでボリュームたっぷりな髪型です。ちょっと前流行したバブリーダンサーがしていたあの髪型です)にしたり、ロングでストレートな髪(所謂ストパー)と髪にかなりダメージを与えて無茶をさせてました。

40歳になる前に、地毛の色に戻しカットだけにして髪に安息を与えていたところ、白髪が増え始めてきました。そこで黒く染め出したのですが当時の白髪染めが体質に合わず、頭の皮がカブれてしまったのです。髪は伸びますので、しばらくすると回復したのですが、白髪染めが怖くなり美容師さんに相談したことろ「ヘナ(植物染料)」系薬剤に変えましょう言われ、今もそれで染めてもらっています。

ヘナ系に変えてから被れは発生せず、逆にヘナ系で染めるとしっとりしますから一般的にはメリットが多いと言われています。

でも本当なのかなぁ?と思ったりもします。

一番良いのは自然に何もせず放置しておくこと??と自問自答です。

高齢の女優さんで素晴らしいシルバーヘヤーをされている方もいらっしゃいますし、40代のアナウンサーの方が白髪染めを止めたことも話題になりました。

さて私はどうするべき?

お一人様老女が美容院で白髪染めをする意味 

今日は寒いものの非常に良い天気、先週美容院に予約を入れていたので、2ヶ月振のカットと白髪染めに行きました。

この美容院は25年通っていて、同世代のオーナーがずっと私の髪を切ってくれています。彼が私の住んでいた街に店を構え(大手の美容院から独立)、オープンして1週間目にたまたま入り、そこからずっと通い続け、引っ越してもここに通っています。

同じ時代を生きているこのオーナーと2ヶ月に1度、2−3時間の間、彼の店でたわいのない事を話しながらカットや白髪染めしてもらうことは、日常であり非日常です。今日も先週お財布を落としたことを話したり、彼からはお店でのウィルス対策の話を聞いたりしました。 

 お金を節約する場合、女性は美容室や化粧品のコストについてまずは考えるのが一般的だと思います。私もいつかはそうするかも知れませんが、今はまだ美容院で白髪染めをして、ちょっとだけ小綺麗さを保つ数時間を継続し、「繋がり」を大切にしたいと思っています。

 これが美容院で白髪染めを続けたい理由です。