早期退職さてどう生きてく?

仕事しか知らなかったアラ還お一人様、家事やUR生活と少しずつ成長中。「アラ還の散歩と遠足」の様子はYoutubeやTwitterでも発信してます。

昭和の団地URでの初めての越冬。

f:id:takeuma02:20201215203951j:plain
3月下旬に東京23区の賃貸アパートから

隣県郊外の昭和のURに引っ越してきた私。そう、初めての越冬です。

会社員を辞めた私は、必然的に自宅滞在率が多いのですが....

 今年は(今年も?)暖かく

電気ヒーターは出したものの、利用は皆無です。

 

東京のアパートはデザイナーズなんちゃらで

おしゃれではありましたが

コンクリート打ちっぱなし、冬は寒くて寒くて。

冬は手がかじかんで、キーボードが打てないほどでした。

なので。

身内や友達には

 

私の家は冬の宿泊は無理です。

 

と、丁重にお断りしていました。

エアコンはありましたが

冬は使わない人で

小さなヒーターひとつで暖を取っていた私。

家の中も外と同じよな格好でいるという....

 

諸和のUR。

台所とリビング(と一応呼んでいる)部屋は

完全南向き。

寝室(と一応読んでいる)は北側なので

窓は大きく少々冷えます。

 

ただ寝るだけだし

私の中の持ち物で数少ない高級なもの=羽毛布団で

今のところ寒さ知らずです。

前のアパートは乾燥もひどく

加湿器ガンガン炊いておりまして

そのせいでカビがひどかった....

そのせいもあり今年は利用していません。

 

これから寒さが本格的になるのだとは思いますけど

12月中旬で

ヒーターを利用せずに過ごしているこの状況に驚きです。

 

URは壁が薄く

場所によっては隣の家の会話やテレビの音が聞こえるほどなので

保温性が高いとはとても思えません。

やっぱり全戸南側、ってことは大きいのでしょうね。

小春日和の日は

暑いくらいです。

冬はお日様の位置が低いので

なおさら太陽を感じます。

 

一応、床は全部フローリング。

と言っても。

狭いので床が出ている面積は限りなく少ない事実。

 

ぼちぼち

おひとり様で越冬して参ります。

 

今日もご安全に。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ