早期退職さてどう生きてく?

仕事しか知らなかったアラ還お一人様、家事やUR生活と少しずつ成長中。「アラ還の散歩と遠足」の様子はYoutubeやTwitterでも発信してます。

【鎌倉いいね】彼岸花の赤い絨毯。その歴史を知る。そして動画で見て欲しい。

f:id:takeuma02:20201008144617j:plain

満開のタイミングに合わせるのは、やっぱり運が必要です。

会社員を辞めて平日いつでも行けるっ!とゆー私でも、そうです。

今回は本当に満開でしたので、ぜひ御覧入れたい!!

この英勝寺。

 

 一つ残念だったのは、お天気。

青空は素人の撮影技術を3割増にしてくれます。

この日は、どんより曇り。

その為か、境内は不思議な雰囲気を醸し出していました。

 

いつものように。動画を紹介する前に。

ウンチクを少しばかり(内容は「拝観のしおり」からの引用)。

f:id:takeuma02:20201008150312j:plain

元々、太田道灌の邸宅だったそうです。

その死後から100年、関東の支配者になった家康は、自分が源氏の血筋である事を理由に「鎌倉」」の復興に努め、没落した太田家の救済を行い、道灌5代の孫の妹を側室にしました。この「お八」改め「お梶」は家康の寵愛を受けて、戦場までお供したそうです。

家康軍は連戦連勝し、彼女は「お勝」の名を賜りました。

 

その後、一女にに恵まれるものの4歳で亡くなってしまい、家康は水戸家の養育係を命じ、水戸黄門でおなじみの徳川御三家の一つ水戸徳川家の基礎を築き上げました。

 

家康が逝去すると、お勝の方は出家し、名を英勝院と改めました。

そして先祖を供養し、自分の後生を祈る為、寺を開く事を願い、開かれたのがこの英勝寺の始まりだそうです。

 

彼女の死後、山門、鐘楼、祠堂などが加えれれ整えられて行きました。

370余年の歴史です。

鎌倉に残る唯一の尼寺の英勝寺。

徳川家ゆかりというのは知りませんでした。

 

百聞は一見にしかず。

動画をお楽しみください。


鎌倉一美しい彼岸花(英勝寺)/Most beautiful Red Spider lilies-Eishoji in Kamakura

 

季節が変わる時

また訪ねたいと思います。

 

よろしければチャンネル登録よろしくお願いします。 

 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへにほんブログ村 ライフスタイルブログ 60代 自分らしさへ