早期退職さてどう生きてく?

仕事しか知らなかったアラ還お一人様、家事やUR生活と少しずつ成長中。「アラ還の散歩と遠足」の様子はYoutubeやTwitterでも発信してます。

去年のこの週はエールフランスのビジネスクラスに乗機。写真で振り返って見る。

f:id:takeuma02:20200615100643j:plain

人生とはどう転がるかわかりません。

去年の今頃、何をしていただろうか?と記憶を辿ってみたら、6月10から3泊5日でヨーロッパ出張をしていました。今年の今、私は早期退職し会社員を辞めて、コロナ禍にいます。

 

 

会社員時代は海外出張が多い仕事で、年に3−4回渡航していました。

今時、海外出張も私の職位だとビジネスクラスを使わせてもらえず、プレミアムエコノミという、名前はともかくほぼエコノミークラスで出張してました。

ヨーロッパ路線12時間だと、これを「苦行」と呼んでいましたから。

その後、当たり前ですが仕事ですからねぇ。

遊びだと我慢できるとは思うけど。

 

エールフランス/KLMのアップグレードオファーのカラクリ

あくまで2019年コロナ以前の状況とお断りして。

出張が多い=マイレージのステージが上がってくる=お得意様特典としてアップグレードできる。

最後は最高位のプラチナのステージまで行ったので、プレミアムエコノミーだとほぼ必ず、行きのチケットについてアップグレードのオファーのメールが届いていました。

時期や空席の具合にもよりますが、おおよそ3万円から4万円で、アップグレードが可能でした。ネットでのクレジットカードの支払いです。

 

もちろん自腹ですよ。

一度社長に交渉しましたが(この分、経費で認めて欲しいと)、あっさり却下。

社長だろうが中間管理職だろうがヒラであろうが、12時間のエコノミークラスで移動して、そのまま仕事というのは本当に本当に辛いです。不当な差別だと思う。

だって人間の疲れに職位は関係ない!!!

 

会社という組織の中の矛盾の一つですけどね。

偉い人だけ、良いホテルが使えるとか、ビジネスクラスが使えるとか。

 

もう一つのアップグレードへチャレン方法。

空港でアップグレードできるかどうかを聞いてみるというのも、やり方です。

搭乗直前になるので、空席率が低くなりますけど

それにアップグレードを狙っている人は多いので、搭乗前24時間からアップグレードをする人が増えてきます。。

ただ空港でアップグレードした方が、対面で交渉できるしマイルで出来るので便利なんですけどね。

 

ちなみにアップグレードは往路か復路のどちらか1回のみです。

プライベートも含めて相当国際線に乗っていますが、航空会社側が無料でアップグレードしてくれたのは一度だけです。

この時、パリ(CDG)乗り継ぎのミラノ、という考えただけでも恐ろしい長時間の渡航だったので、もう涙が出そうでした。

 どうしてそうしてくれたのか、いまだに不明です。

その時はまだマイレージのランクも高く無かったのですけど。

プレミアムエコノミーからビジネスクラスに上げてくれました。

確かラウンジは使用できなかったですけど。

 

ビジネスクラスの機内食は素晴らしい

私が乗ったビジネスクラスは

  • JAL(シンガポール便)
  • ANA(ヨーロッパ便)
  • ルフトハンザ(ヨーロッパ内短距離便)
  • エールフランス(ヨーロッパ便)
  • KLM(ヨーロッパ便)

個人の好みによると思いますし、私の場合は短距離便もあるので比較が難しいですが、私はエールフランスのビジネスクラスの食事が一番好きです。

去年6月のビジネスクラスの機内食がこちら。

f:id:takeuma02:20200615104558j:plain

お酒が飲めない私の食前ドリンクはお水.....

 

f:id:takeuma02:20200615104618j:plain

綺麗な前菜の数々。パンが美味しいのですよ。温めてあるし。

f:id:takeuma02:20200615104647j:plain

お魚を選びました。サラダはオリーブオイルでいただきます。

 

出張なので、チーズやデザート、朝食の写真は無し。

この辺りがプライベートとの旅行の違いです。

 

エールフランス/KLMのマイレージのステータスは、年末にほぼ初期化されるのでステータスは一つ下がりました(ゴールド)。

でもゴールドもラウンジ利用可能ですし、マイレージが恐ろしいほど溜まっています。

新型コロナのため、エールフランスが追加のマイレージ をくれましたし。

同じスカイチーム のデルタでアメリカ行きなら、往復ビジネスクラスが取れます。

 

行きたい〜!!!!

 

いつ行けるようになる??

 

スカイチームのラウンジ(成田空港編)

私は成田便を取ることが多いです(外資系エアラインの場合)。

何故ならば。

ビジネスクラスへのアップグレードの可能性が

羽田便より高いのです。

皆、羽田便をとりますからね。羽田は必然的に競争率が高くなります。

無くなってしまいましたが、羽田7時発パリCDG行きというのがあり、いつもガラガラでアップグレードはかなり容易でした。

あまりにガラガラだったからでしょうね。

採算取れていたとは思えないので。

 

成田のエールフランスのラウンジは無くなってしまいましたので、デルタか大韓航空のラウンジを使ってました。

大韓航空は少々しょぼくて、搭乗ゲートから離れたデルタのラウンジを利用してましたが、2年前ぐらいに新しい共同利用できるラウンジが出来て

こちらをいつ利用しています。

f:id:takeuma02:20200615105654j:plain

利用出来る航空会社を見ると、めちゃくちゃ混む、という感じもせずですが、その通り混んでいないです。

f:id:takeuma02:20200615105837j:plain

この写真だけは2019年12月、プライベートでのスペイン旅行の時に撮影したものです。

だけど原則、その様子は同じです。

f:id:takeuma02:20200615110016j:plain

機内食のために、控えめに。

 

気にすることなく海外渡航できるのはいつになるのでしょうね。

一部の国の渡航に予防注射が義務つけられていましたが、新型コロナもそのようになったりするのかな。

 

私はインフルエンザの予防注射もしたことがない人です。

アラ還ですが、インフルエンザに羅漢したことがなくて、風邪は数年に一度、アレルギー気管支炎などは持病としてあるのですけど。

 

たった一年。

私は会社員を辞め、自由な渡航が出来ない状況になるとは。

去年の今頃は想像もしていませんでした。

来年はどう変わっているのだろうか、私の人生。