早期退職さてどう生きてくかな?

もうすぐ60歳、会社辞めました。 さてどう生きてくかな? おひとり様老女のシニアブロガーです。社会との接点を繋ぎ続けたいので、ウンチクを(そっと)傾けたり、ボヤいたり戯言たりします。夢は元気なうちに世界一周。

URは火災保険が任意なので「ほけんの窓口」へ相談、その対応レベルは?

      f:id:takeuma02:20200310181356p:plain

URへ引越しを予定している私は、火災保険に頭を悩ませています。

今まで民間の賃貸にしか住んだことがなく、その場合は不動産屋さんが進める火災保険を強制的に2年契約分加入する事になり、お金だけ払い契約内容はほぼ把握していないと言う状況です。

 目的

まずは突貫でインターネットで検索したり、副業でアパート経営している友達や、持ち家の友達にどんな火災保険に加入しているのかを尋ねたりしました。

そもそも賃貸火災保険とは?地震保険は?

土地も建物も自分の物ではないので、基本は家財をメインにかける事になるそうで、今のアパートの火災保険を改めてまじまじと見てみると、確かにそうでした。

地震保険について入っているかどうかも聞いてみましたが、私の周りには入っている人がいませんでした。

これは意外でした。

保険はあくまで保険ですからね。

ほけんの窓口へ行ってみた

インターネットでいろいろと見たところ、情報が多すぎてわからない!と言うのが正直な感想だったので、「ほけんの窓口」に行って契約するかはともかく、知識を得るためにインターネットで予約して出かけました。

一応、ネットの口コミを事前に見たのですが、これがボロボロで。

上から目線だの、無理強いされて契約しただの。

ここはシニアパワー全開で、なんか言われたら言い返したる!と言うノリで向かいました。

基本はフランチャイズ制らしいので、まぁ外れ店舗もあるのかもしれません。

事前情報で私の年齢がわかっていたからでしょうか、年配の方が対応してくれました。

結果的に言うと、非常に丁寧に説明してくれて勉強になって大変助かりました。

  • 損保会社は数多くあるが、補償内容が同じであれば値段はびっくりするほど変わらない
  • やはり財閥系は人が多いので、その分多少価格に乗っているが対応が早い(これはアパート経営している友達も言っていました。ちなみに今のアパートの保険も財閥系でした)
  • 地震保険は火災保険にプラスする物で、単独では入れない

なるほど、なるほど。

今日は説明を聞いただけで、今度はURの契約書や身分証明などを持参しどこの損保にするかを決めて契約する事にしました。つまり今日は相談だけで、契約も無理強いされる事もなく1時間説明を受けただけで終わりです。

 対応を絶賛する口コミを書きそうな勢いですよ、私は。

 保険でカバーすると言う事

海外旅行では海外旅行保険、生命保険、そして火災保険と一般的な保険は掛ける方ですが、利用したことがありません。

私は学生時代カナダに留学していたのですが、当時は留学生もメディカルインシュランスに加入することが出来ました。私の場合は移動の飛行機や物損についても保険をカバーしたかったので滞在していた間、日本の海外傷害保険に加入していました。その時は3度ほど利用して、全額保険でカバーできました。

  • ホームステイしていた時、ホストから洗濯機を壊したと言われてお金を取られた
  • 歯医者
  • メガネが壊れてメガネを作り直した(カナダは眼科の処方箋が必要だったので)

若いので病院に行く事もなく、過ごせたのは幸いです。

今じゃ考えられませんけどね。

 

と言う事で、今回の「ほけんの窓口」初回は当たりでした。

調べると似たようなサービスをしているところはいくつもあるようで、ハズレなら違うところに行こうと考えていましたから、それは今のところ必要ないようです。

さて無事に火災保険に入り(地震保険は考え中)、新居で安心した生活を始めたい物です。