早期退職さてどう生きてくかな?

もうすぐ60歳、会社辞めました。 さてどう生きてくかな? おひとり様老女のシニアブロガーです。社会との接点を繋ぎ続けたいので、ウンチクを(そっと)傾けたり、ボヤいたり戯言たりします。夢は元気なうちに世界一周。

80歳越えのプログラマー、そんな風に私はなりたい。

      f:id:takeuma02:20200219151331p:plain

若宮文子さん、という方をご存知ですか?

なんとなくそう言う方がいらっしゃるとは耳にしていましたが、今日新聞に若宮さんの書籍の広告が出ており、改めてどんな方なんだろうと興味を持ちました。

 目次

60歳から本格的にパソコン vs  私もすでに25年

高校卒業後、銀行を定年まで勤め、その後本格的にパソコンとプログラマーを勉強された若宮さんは、80歳を過ぎて「hinadan」と言う名前のプログラムを作り上げ、それが世界中に注目され、現在も現役プログラマーでいらっしゃいます。

これ以上、私に取ってパンチのある話があるでしょうか?

実は昨日、少々嫌な事があり「これからどうなるんだ??」と珍しくうつ伏せ気味に考えていたところでした。

若宮さんからすると60歳なんて、ひよっこです。

仕事で 30年近くパソコンを利用してきたくせに、私何した??

個人利用でも25年はすでに経過しており、7-8台は乗り換えしてきたかと思います。

メールと買い物だけに費やしてきた25年だったとしたら、私の25年はちょっと悲しい。

 

実は私も同じような思想がある

そもそも私がブログを始めたのは、会社という組織を離れ、お一人様生活の中で社会との接点を保ち続け、かつ広げていきたいからです。

若宮さんは世界の広がりを求めてパソコンを始められたそうです。

私が生きてきた会社員という世界は恐ろしく狭く(だからと言って嫌だったわけではないですが)、今やその会社という「場」も飛び出しました。部屋の中から一歩も出ない「引きこもりお一人様」の私の姿が一瞬浮んでは消え、浮かんでは消えでした。

若宮さんの記事を拝見していると「私も同じような挑戦者では?」と拡大解釈をしているところです。

シニア向けのサービスがなければ、作れば良い、全くその通りです。

文句ばかり言っていてもダメなんだ!始めないと!

単細胞な私は「先立ちに続け!」ともりもり元気が出てきました。

我ながら本当に単純です。

 これから始められる幸せ

もちろんお一人様60歳、綺麗事ばかりではありません。

これからもいろいろな問題は出てくると思います。

私も私の人生の中で60歳は初めてです。

若宮さんの記事を読んで、始めないうちから心配してどうする?という気がしています。

この歳で今までやった事ない何か新しいものを始められるなんて、これは幸せな事なんです。絶対に。

私はこの幸せを噛みしめながら、60歳を始めたいと思います。